この度の台風19号により被害を受けられました皆様に
心よりお見舞いを申し上げます。

一日も早い復旧に花岡としおも全力で取り組んでおります。
お困りごとやご質問がございましたら、東御市役所総務課までご連絡ください。

問い合わせ:東御市役所総務課 TEL 0268-62-1111

ごあいさつ

ごあいさつ

来年度からはじまる第2期「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の策定に向け、内閣府から示された「まち・ひと・しごと創生基本方針2019」では、第2期において4つの基本目標を掲げ、目標の実現に向けた取組として、新たな視点に重点を置いて施策を推進するとしております。

その一つの視点に「地方へのひと・資金の流れを強化する」として、「将来的な地方移住にもつながる関係人口の創出・拡大」、「企業や個人による地方への寄附・投資等を用いた地方への資金の流れの強化」を推進するものであります。まさしく、東御市が進めてきた取り組みをさらに後押しする施策であると考えております。

東御市の良さ、湯の丸の良さを知っていただき、東御市を好きになっていただき、東御市のために寄附や投資をしていただける人や企業といった関係人口、関係企業を作っていくことで、首都圏から地方への人と金の流れが生まれるとともに、市内経済に好影響をもたらすものと確信しており、そのために必要なポテンシャルを湯の丸は持っていると考えております。

東御市が活気に満ち溢れ、元気で輝き続ける「持続可能な美しいふるさとづくり」のため、引き続き、職員一丸となって、全身全霊で今後の市政運営に取り組んでまいります。

(令和元年東御市議会9月定例会招集あいさつより抜粋)


皆様のご厚志で、国内高地トレーニング施設の充実を!

日本におけるトップアスリートの為の環境整備が進められ、味の素ナショナルトレーニングセンターをはじめ、第2トレーニングセンター、国立スポーツ科学センター等によって日本のアスリートのハイパフォーマンスが期待されています。
しかし2020東京オリンピック・パラリンピック大会を目前にしながら、高地トレーニング施設の多くは、海外に依存しているのが現状です。

  • 環境と治安がよく、日本語が通じ、食事が合い、医療の心配がない。
  • 時間と移動費用が大幅に節約できる。
  • 時差がなく、標高1,700m以上の環境で高地トレーニングができる。
  • 世界的レベルの施設

このような高地トレーニング施設を、東京大会前に実現させることは、日本の陸上界(特に中・長距離)、水泳界(特に競泳)の悲願です。
この夢の実現のため、多くの皆様の善意のご寄附と交付金で、東京から2時間余りの湯の丸高原(標高1,750m)に全天候型400mトラックと本格的トレーニングルームを完備した宿泊施設「湯の丸高原荘」が設備され、アスリート食堂、国内唯一の高地トレーニング用屋内長水路プールが、現在建設中です。

2024パリでのオリンピック・パラリンピック大会、2028ロサンゼルス大会や2027長野国体に向けての選手強化やジュニアの発掘・育成に大きく寄与する、その為の湯の丸高原スポーツ交流施設の整備、運営につきまして、皆様のふるさと寄附金によりますご支援をお願い申し上げるものであります。

ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

長野県東御市長

花岡利夫

INFORMATION

更新情報

お知らせ

2019.07.01

ごあいさつに「皆様のご厚志で、国内高地トレーニング施設の充実を!」を掲載しました。

お知らせ

2018.12.16

花岡としお後援会報 November 2018を掲載しました。詳細はこちら

お知らせ

2017.10.17

東御市のご紹介「ほどよく田舎」の詳細はこちら

みんなでTOMI大作戦続行中!

4つの柱をもっと骨太に。

Together,お互いに支えあうまち
  • 小学校区単位のふるさとづくり。
  • 安心・安全・平和なまちづくり。
  • 地域の歴を大切に。文書庫の充実を図ります。
  • ホスピスケア哲学のあるまちづくり。
Origin,お産が出来て子育てしやすいまち
  • 助産所とうみの充実と医師の確保に努めます。
  • 第三子以降の保育料を無料化します。
  • 自然の中での元気な保育を進めます。
  • 生きることの意義を実感できる育ちをサポートします。
Merit,魅力あふれるまち
  • 標高差1,500mの地形を活かしたまちづくり。
  • ワイン産業を応援し、千曲川ワインバレーを実現します。
  • 日本の高地トレーニングのメッカづくりに協力します。
  • 健康寿命日本一、食のおいしさを活かします。
Inovitation,移住者をいざなうまち
  • 景観・人情の素晴らしさを全国に発信します。
  • 日本水連と連携して国立のプール誘致を実現します。
  • 地域産業を守り育み、新たな雇用をつくります。
  • 体験型滞在観光システムを充実させます。

花岡市政の10年間の軌跡

人と自然が織りなす
しあわせ交流都市とうみ

フォトギャラリー

フォトギャラリー1
フォトギャラリー2
フォトギャラリー3

とうみの風景や日々の一場面をご紹介

フォトギャラリーはこちら
TOPへ戻る